デザイン
五感で安らぐひとときへ。上質が宿る場所には上質な時間が流れる。

かつての御屋敷の設えを昇華した、典雅なゆとりともいうべき空間や意匠、素材を共用部の随所に実現。2層吹抜が迎えるエントランスアプローチや中庭、そして、邸宅としての深みと奥行きを感じさせるエントランスホール。立体的な建物構造が住まう方の動線に変化をもたらし、ここに住まうことの特別感を醸成します。

エントランスホール
エントランスアプローチ
敷地形状を最大限に活かし、平面駐車場24台を確保したゆとりあるランドプラン。

ランドプランにおいては、ゆとりや暮らし心地の良さが感じられるようL字型の住棟や共用施設をレイアウト。敷地の西側は、道路から建物を大きくセットバックさせて既存緑地を保存しています。また、建物北側に平面駐車場(緑化ブロック敷き)を設けることで隣地との間に大らかな開放感を生み出すなど、建物周辺に空間の広がりと、日常に潤いをもたらす緑豊かな風景を演出しています。

外観完成予想図
平面駐車場 停めやすい敷地内平面駐車場

ゲートで守られた敷地内に自走式の平面駐車場を配置。車路もゆったり確保し、出し入れのしやすさに配慮しています。

1階テラス 1階住戸の専用庭とテラス

1階住戸の専用庭とテラスは、外からの視線にも配慮。プライベートなアウトドア空間をお楽しみいただけます。

外観の身どころ

※掲載の写真は平成28年5月に現地にて撮影したものに、一部CG処理を施したもので実際とは異なる部分がございます。

棟内案内会実施中